土地の有効活用を考えよう!節税対策にもなるマンスリーマンション

土地ができたら有効活用が大切

土地を手に入れたときにはそのまま放置しておくと損をしてしまいます。固定資産税や都市計画税を毎年支払わなければならないからです。せっかくある土地は無駄にせずに有効活用しましょう。マンスリーマンション経営をするのは効果的な方法です。
土地がある場合にはマンスリーマンションを自由にデザインして建てることができます。周囲の状況を調査してどのようなマンスリーマンションが求められているかを調べてみましょう。単身赴任の人が多いなら一人住まい用の部屋が適しています。旅行客が利用している地域なら二人以上の部屋も準備すると良いでしょう。訪れる人の生活レベルに応じて家具や家電も選んでおくと効果的に集客できて稼げるようになります。

マンスリーマンションだからこその節税

マンスリーマンションを建てると効果的に所得税と住民税を節税することができます。マンション経営にかかる費用については必要経費として所得から差し引くことが可能であり、マンションを建てたときには特に大きな損を作っているので所得を大幅に減らせるでしょう。
これに加えて優れているのが減価償却費が大きいことです。マンスリーマンション自体による減価償却費が大きいことも確かでしょう。しかし、それだけではなく家具や家電などが全ての部屋に完備されていて、その全ての減価償却費を通算して必要経費として所得から引くことができます。初期投資を行ってから毎年減価償却費を差し引いていけるので、長期間に渡って節税ができるのが特徴です。

マンスリーマンションを埼玉で契約をするときには、それぞれの物件の設備の良しあしや賃料の相場を確かめることが肝心です。

© Copyright Moving Home. All Rights Reserved.